イオ・ミン・ペイ氏設計の高層ホテル「スイソテル・ザ・スタンフォード」

シティ・ホールの周辺でひときわ目立つ建物の「スイソテル・ザ・スタンフォード」(地図

スイソテル・ザ・スタンフォード

設計はイオ・ミン・ペイ氏、竣工は1986年。

スイソテル・ザ・スタンフォード

72階226mの高さは、シンガポールで1番の高層のホテルです。

個人的には、数多いシンガポール高層建築の中でも、1番美しいと感じるデザインです。

スイソテル・ザ・スタンフォード

MRT「シティ・ホール」駅と「エスプラネード」駅に挟まれた敷地にあります。

ショッピング・センターのラッフルズ・シティに隣接していて大変便利なロケーションです。

ホテルからの夜景も素晴らしいだろうなと...仕事抜きで訪れた際には一度は利用したいホテルです。

スイソテル・ザ・スタンフォード

マリーナ・ベイ・サンズから。

マリーナ・エリアの大型複合施設「サンテック・シティー」

サンテック・シンガポール国際会議展示場

サンテック・シティーを構成する「サンテック・シンガポール国際会議展示場」(地図

設計はTsao & McKown , DP Architects、竣工は1994年。

4階の展示ホールと6階のコンベンション・ホールは、それぞれ12000m2の広さがあります。

それぞれ、アジア最大の無柱のコンベンション・スペースです。

サンテック・シンガポール国際会議展示場

2~3階には劇場、ギャラリー、舞踏場、会議室などが配置されています。

サンテック・シティー・モールと共に利便性の高い会議展示施設となっています。

サンテック・シティ・タワー

サンテック・シンガポール国際会議展示場と共にサンテック・シティーを構成する「サンテック・シティ・タワー」(地図

設計はDP Architects、竣工は1997年。

サンテック・シティ・タワー

4棟の高層タワー(高さ181m)と1棟の中層タワーが、大噴水を囲むように配置されています。

全体の配置は、風水を元に人の手をモチーフにしてデザインされています。

愛称はドリアン「エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ」

エスプラネード橋の北側のほとり、マリーナ・ベイに面して建つ「エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ」

設計はDP Architects、Michael Wilford & Partners 、竣工は2002年。

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ

約2000人収容可能なシアターと約1600人収容可能なコンサートホールの二つのドームを中心に、

スタジオ・図書館・アートスペース・モール・レストラン・バーなどで構成される総合文化芸術施設です。

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ

ガラス張りの屋根には、アルミニウム製の小さな庇が無数に取り付けられています。

この姿・形から、シンガポールでは「ドリアン」の愛称で親しまれています。

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ

偶然、屋根の清掃シーンを収めることができました。

モップを手にした清掃員による手作業で、建物の美観が保たれているようです。

建物の清掃に関しては、地味に人力に頼っているものが多いですね。

エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ

シンガポール・フライヤーから見た様子です。

「サルタン・モスク」と「ブギス駅」界隈

サルタン・モスク

シンガポール最大かつ最古のイスラム教寺院「サルタン・モスク」

サルタン・モスク

最大かつ最古と言っても、1928年の完成で比較的新しく敷地も広大というわけではありません。

モスクの周辺は、イスラムの文化を強く感じるエリアですが、どこかシンガポール的。

ブッソーラ・ストリート

サルタン・モスクの正面へと導いていくれる「ブッソーラ・ストリート」

ブッソーラ・ストリート

モスクに近いところは歩行者専用で、軒を並べるショップも観光客が利用しやすい雰囲気です。

アラブ・ストリート

ブッソーラ・ストリートの東西のストリート、バリ・レーンからカンダハール・ストリートにかけて、

通り沿いにレストランやブティック、雑貨店が軒を並べています。

エスニックな雰囲気を感じたい方にお勧めのエリアです。

ブギス・ジャンクション

MRTブギス駅に直結の「ブギス・ジャンクション」

ショッピング・モールやホテル、映画館などで構成される複合施設です。

もともとブギス駅周辺は妖しい感じのエリアだったのですが...

昨今、再開発が進められて、現代的なショッピング・エリアに変わりました。

パークビュー・スクエア

MRTブギス駅の南側に建つ「パークビュー・スクエア」

設計はDP Architects、竣工は2002年。

パークビュー・スクエア

アート・デコ・スタイルのクラシカルな外観デザインが、高級感を醸しだしています。

数カ国がこのビル内に大使館を設けています。

シンガポール1不動産価格が高いといわれていますが...

敷地が他の高層ビルと比較にならないぐらい広いんです。

オーチャード・ロードの商業施設4作品

ウィーロック・プレイス

MRTオーチャード駅近く、パターソン・ロードとの交差点の西側に建つ「ウィーロック・プレイス」(地図

設計は黒川紀章氏、竣工は1993年です。

交差点に近い位置に設けられたガラスの円錐は、国内でも黒川氏の作品に多く見られるスタイルです。

アイオン・オーチャード、ザ・オーチャード・レジデンツ

MRT「オーチャード」駅の真上に建つ「アイオン・オーチャード、ザ・オーチャード・レジデンツ」(地図

アイオン・オーチャード、ザ・オーチャード・レジデンツ

設計はBenoyの香港オフィス、竣工は低層の商業スペースが2009年、高層のレジデンスは2010年です。

正面の庇、壁の3次元曲面は、オーチャード・ロードにある他のショッピング・センターの中でも一番の存在感を演出しています。

レジデンスは、高さ218m56階建てで、オーチャード地区で最も高い高層建築になります。

マンダリン・ギャラリー

マンダリン・オーチャード・シンガポールに併設されているショッピング・モール「マンダリン・ギャラリー」(地図

設計は日本のエイムクリエイツ、竣工は2009年。

買い物目的でシンガポールを訪れる方には、必見のショッピング・スポット。

世界的高級ブランドの他に、日本の有名ラーメン屋さんもこちらに店舗を構えています。

オーチャード・セントラル

MRT「サマセット」駅に隣接している「オーチャード・セントラル」(地図

オーチャード・セントラル

設計はDP Architects、竣工は2009年。

地下2階、地上12階建てで、シンガポールでは1番高いバーティカル・モールです。

ユニークな空間構成が特徴で、日本を含む海外の芸術家のアート作品が各所に設置されています。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築作品・街並みなどを紹介しています。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

ご支援のお願い

HP http://www.kbookmark.com/

Mail kbookmark@gmail.com

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: