巨大なガラス・ドームを新設「ドイツ連邦議会議事堂」

「ドイツ連邦議会議事堂」は、東西ドイツ統一を期に、1894年に竣工したかつての議事堂を修復した建物です。

ドイツ連邦議会議事堂

修復・改修は、ノーマン・フォスター氏の設計により1999年に竣工しました。

ドイツ連邦議会議事堂

ノーマン・フォスター氏の設計で新たに屋上に設けられたガラス張りの巨大なドーム。

ドイツ連邦議会議事堂

ドイツ連邦議会議事堂

ガラスドーム内に巡らされた通路から、ベルリンの市内の風景が楽しめます。

ドイツ連邦議会議事堂

ガラスドームから議事堂内の様子も垣間見れます。

パウル・レーベ・ハウス

連邦議会議事堂の北隣にある「パウル・レーベ・ハウス」

一言で説明すると議員会館で、議員のオフィスや会議室、レストランなどがあります。

設計はシュテファン・ブラウンフェルス氏、竣工は2001年です。

シュプレー川をはさんで東側に建つ議会図書館「マリー・エリザベス・リューダー・ハウス」も同氏の作品です。

まるでガラス・ボックス「ベルリン中央駅」

旧東西ベルリン地区に分かれていた長距離列車のを統合した「ベルリン中央

ベルリン中央駅

設計はゲルカン・マルク・アンド・パートナーズ、2006年の開業です。

ベルリン中央駅

構内から南側の方角を見たカットです。

ベルリン中央駅

ガラス張り壁と天井、ガラスの箱のようなデザインです。

ベルリン中央駅

上下にX状に立体交差する珍しい構造の駅です。

ベルリンで必見の建築作品-2

バウハウス・アーカイブ

「バウハウス・アーカイブ」(地図)は、バウハウス関連の資料の収集・展示を目的とした施設です。

設計はバウハウスの創設者でもあるワルター・グロピウス氏他、竣工は1978年です。

ピーク&クロッペンブルク・ビル

「ピーク&クロッペンブルク・ビル」(地図)は、周囲にユニクロやZaraなどの店舗が集まるベルリンの繁華街にあるデパート。

スカートのような形をしたガラスの壁面とコンクリートのフレームとの組み合わせが独特です。

設計はゴットフリート・ベーム氏、竣工は1995年です。

カイザー ヴィルヘルム記念教会

「カイザー ヴィルヘルム記念教会」(地図)の第二次世界大戦後に新しく建設された新教会堂の内部です。

八角形の平面をしたガラス窓の壁で囲まれた空間が印象的です。

設計はエゴン・アイアーマン氏、1961年竣工。

シェル・ハウス

「シェル・ハウス」(地図)は、ベルリンで初めての鉄骨造の高層建築。

波打つようなデザインが印象的なモダニズム建築の傑作です。

設計はエミール・ファーレンカンプ氏、1932年竣工。

ベルリンで必見の建築作品-1

多彩なベルリンの建築作品を一気に紹介します。

ドイツ歴史博物館展示ホール

「ドイツ歴史博物館展示ホール」(地図)は、バロック様式の本館北側に増築された展示ホール。

ガラス張りの螺旋階段が印象的です。

イオ・ミン・ペイ氏のドイツ初の作品、2003年竣工です。

ハンバーガー・バーンホフ現代美術館

ベルリン国立博物館群を構成する美術館の一つ「ハンバーガー・バーンホフ現代美術館」(地図

鉄道駅舎を現代アートの美術館に改修した作品です。

設計はヨーゼフ・パウル・クライフス氏、竣工は1996年です。

ベルリン・ユダヤ博物館

ベルリン・ユダヤ博物館」(地図)は、ドイツにおけるユダヤ人の歴史を伝える博物館です。

ジグザグの平面プランや切り裂かれた傷跡のような開口部など他にないデザインが印象的です。

ダニエル・リベスキンド氏初の実現した建築プロジェクト、1998年竣工です。

和解の礼拝堂

「和解の礼拝堂」(地図)は、ベルリンの壁を建設後、監視の邪魔になるという理由で撤去された教会の跡地に建てられた礼拝堂です。

木製ルーバーの内側に教会の破片を混入した版築の壁があります。

ソニー・センター

「ソニー・センター」(地図)は、ポツダム広場にある複合施設です。

ソニー・ヨーロッパの本社、オフィス、マンション、商業施設などで構成されています。

設計はヘルムート・ヤーン氏、竣工は2000年。

写真はフォーラムと呼ばれる4000m2の楕円形の大空間を覆うテント屋根。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築作品・街並みなどを紹介しています。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

ご支援のお願い

HP http://www.kbookmark.com/

Mail kbookmark@gmail.com

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: