大阪の近代建築の代表作「大阪市中央公会堂」

中之島のシンボル!と個人的には考えている「大阪市中央公会堂中之島公会堂)」(地図

大阪市中央公会堂

設計は、コンペにより岡田信一郎氏案が選出。

辰野金吾氏と片岡安氏が実施設計を担当し、竣工は1918年。

大阪市中央公会堂

ネオ・ルネッサンス様式を基調とし、バロックやセセッションの要素も取り入れられています。

が、コンペ案は横幅がかなり広げられ全体的に大きな印象、意匠もかなり変更が加えられたようです。

大阪市中央公会堂

赤煉瓦に白い石を帯状にめぐらせるデザインは「辰野式」と呼ばれるぐらい辰野氏が多用した手法で...

一見すると、実施設計を担当した辰野氏の影響が強すぎるように思えます。

大阪市中央公会堂

イオニア式のオーダーをベースにデザインにちょっと手が加えられています。

大阪市中央公会堂

夜はライトアップが素敵です。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築作品・街並みなどを紹介しています。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

ご支援のお願い

HP http://www.kbookmark.com/

Mail kbookmark@gmail.com

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: