スペインの世界遺産の街「セゴビア」-4

セゴビア旧市街の中心「マヨール広場」

セゴビア旧市街

マヨール広場は、スペインやスペイン語圏のあちらこちらにありますが...

「自治体で一番の広場」という意味だそうです。

セゴビア旧市街

マヨール広場に面するいわゆる市役所です。

自治体で一番の広場ということですから、市役所が隣接するのは理に適っていますね。

マヨール広場、大聖堂を後にしてアルカサルに向かいます。

セゴビア旧市街

旧市街の建物の壁面のデザインが変化に富んでいておもしろかったので...

3例ほど写真を載せておきます。

セゴビア旧市街

これはアルカサルの壁面にもみられたデザインです。

セゴビア旧市街

スペインの世界遺産の街「セゴビア」-2

水道橋をくぐり抜けて、まずは「セゴビア大聖堂(カテドラル)」へ向かいます。

セゴビア旧市街

道中、古いヨーロッパの街並みは、ただ歩くだけでも刺激に溢れています。

カサ・デ・ロス・ピコス

「棘の家」と呼ばれている「カサ・デ・ロス・ピコス」

この壁は、防御と装飾を兼ねてデザインされたそうです。

現在は美術学校です。

セゴビア旧市街

セゴビア旧市街は、トレド以上に壁面のデザインが変化に溢れています。

建築の道を歩む人であれば、街をブラブラと壁を見て歩くだけでも、あきることはないでしょう。

サン・マルティン教会

水道橋から大聖堂まで、ちょうど半分ぐらいきた所にある「サン・マルティン教会」

サン・マルティン教会

「サン・マルティン教会」の柱廊のオーダーです。

スペインの世界遺産の街「セゴビア」-1

スペインの首都マドリッドから日帰りで訪れることが可能な世界遺産の街「セゴビア」

セゴビア旧市街

古くから天然の要塞として栄えた街で、標高約1000mの岩山に旧市街があります。

紀元1世紀ごろに造られた石造りの水道橋と共に1985年にユネスコの世界遺産に登録されました。

セゴビア旧市街

街のまわりは乾いた大地の寂しげな風景が広がります。

セゴビア旧市街

が、旧市街は美しい大聖堂や古城などと共に古い街並みが残されています。

セゴビアAV駅

マドリッドのチャマルティン駅からAVANTやALVIAを利用して約30分弱で「セゴビアAV」駅に到着します。

旧市街へはさらにバスを利用して約20分です。

セゴビア旧市街

旧市街の水道橋前がバス停、ロータリーになっています。

そして、この水道橋が、まさしく旧市街への門という雰囲気です。

パリの美術館巡り「ルーブル美術館」

「ルーブル美術館」は、言わずと知れた世界最大の美術館

ルーブル美術館
約300年の歳月をかけ増改築が続けられてきたため、様々な建築様式の特徴が垣間見れます。

ルーブル美術館

長い歴史で、最もインパクトが強かった変化は...

1988年の改修で新設されたイオ・ミン・ペイ氏設計のガラスのピラミッド。

ここが美術館へのメインのエントランスになります。

ルーブル美術館

ピラミッドは、斬新さだけではなく、美術館の中心としてしっかり機能しています。

ルーブル美術館

さらにガラスのピラミッドに迫ります。

ルーブル美術館

ガラスのピラミッドからルーブル宮殿を。

スペインの古都「トレド旧市街」-5

トレド市庁舎

トレドの大聖堂前の広場を挟んで向かい側にある「トレド市庁舎」

設計はホルヘ・マヌエル・テオトコプリ氏、竣工は確信は持てないのですが1618年だと思います。

サント・トメ教会

トレド大聖堂、トレド市庁舎からサン・トメ通りを西に300m程進んだ所にある「サント・トメ教会」

通りを歩いていると、ムデハル様式の鐘楼が遠くからも確認できます。

サント・トメ教会

「サント・トメ教会」には、エル・グレコの代表作の1つ「オルガス伯爵の埋葬」が展示されています。

アルカサル

トレドの最も高い場所にある石造りの要塞「アルカサル」

11世紀に建設された要塞が始まりです。

以後、破壊と再建が繰り返され、現在は軍事博物館です。

トレド旧市街

トレドの街は細い道が入り組んでいてとても迷いやすいのです。

が、ただ歴史があり美しい町並みが残されているというだけでなく、

日本では見かけないデザインやアイデアが溢れていて、ぶらぶら散策するだけで十分刺激的です。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築作品・街並みなどを紹介しています。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

ご支援のお願い

HP http://www.kbookmark.com/

Mail kbookmark@gmail.com

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: