神戸 旧居留地の近代建築-2

あいおいニッセイ同和損保神戸ビル(旧神戸海上火災保険ビル)

竣工以来、入居者・用途が変わらず使い続けられている「あいおいニッセイ同和損保神戸ビル(旧神戸海上火災保険ビル)」(地図

設計は長谷部竹腰建築事務所(長谷部鋭吉氏・竹腰健造氏)、竣工は1935年です。

1~3階に続くアーチ状の開口部がこのビルのファサードのデザインを特徴づけています。

この写真からはわかりませんが、北側のファサード(写真手前)はリズム感のある開口部の配置となっています。

とはいえ、事務所建築ということもあって、全体的に装飾は控えめです。

旧居留地38番館(旧ナショナル・シティバンク神戸支店)

神戸大丸南一号館として利用されている「旧居留地38番館(旧ナショナル・シティバンク神戸支店)」(地図

設計はウイリアム・メレル・ヴォーリズ氏(ヴォーリズ建築事務所)、竣工は1929年です。

建物正面の4本のイオニア式オーダー、重々しい石積みの外観等々...

ヴォーリズ氏の作品としては珍しく新古典主義的な重厚感を感じさせる作品です。

もちろん、これは銀行建築ということを意識してのことでしょう。

銀泉神戸ビル(旧神戸住友ビル)

今はもう解体され現存しない「銀泉神戸ビル(旧神戸住友ビル)」(地図

設計は長谷部竹腰建築事務所(長谷部鋭吉氏・竹腰健造氏)、竣工は1934年、2014年解体。

アラベスク風の幾何学模様の装飾とロマネスク風の半円アーチを組み合わせ、細かな格子状の窓を持ってくるなど...

当時の銀行建築ではまず見かけない、異国の宗教施設を思わせる独特の雰囲気と存在感を持つ建物でした。

地下鉄みなと元町駅

旧居留地から西に少し離れますが...

神戸市営地下鉄海岸線の駅「地下鉄みなと元町駅」(地図)の地上1番出入口です。

阪神大震災で大きなダメージを受けた「旧第一銀行神戸支店」(辰野金吾氏設計、1908年竣工)の南・西面の外壁のみが利用されています。

赤いレンガと白い御影石のコンビネーションは...

「辰野式」と呼ばれるほど辰野氏が多用したデザインです。

神戸 旧居留地の近代建築-1

神戸朝日ビル(旧神戸証券取引所)

地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前」駅近く、旧居留地の北端にある「神戸朝日ビル(旧神戸証券取引所)」(地図

設計は渡辺節氏、竣工は1934年です。

26階建ての高層ビルへの建て替え(設計:竹中工務店、竣工1994年)の際に、旧い建物のファサードを復元したプロジェクトです。

旧い建物の特徴となっていたアールを描く列柱部分を中心に再現されています。

列柱間にあった壁を撤去するなど、旧い建物を忠実に再現しているわけではありませんが...

新しい高層ビルの正面低層部分として、開放感のある現代的な空間が実現されています。

これはこれで、後世に旧い建物や街並みを残す試みの成功例の一つだと思います。

神戸市立博物館(旧横浜正金銀行神戸支店)

銀行建築として手堅くまとめられた「神戸市立博物館(旧横浜正金銀行神戸支店)」(地図

設計は桜井小太郎氏、竣工は1935年です。

博物館に転用される1982年に、坂倉建築研究所の設計で大規模な増改築工事が行われています。

このようなドリス式のオーダーが目を惹く新古典主義の重厚感ある銀行建築は...

博物館や美術館に転用されてもしっくりきますね。

桜井氏はこの作品を最後に引退しています。

旧居留地15番館

神戸市立博物館の西隣に建つ「旧居留地15番館」(地図

設計者は不明、竣工は1881年です。

アメリカの領事館として利用されていた現存する唯一の居留地時代の建物です。

阪神大震災で全壊したものの、崩壊した建材の70%を再利用して復元工事・免震工事が行われました。

北野の異人館でもよく見かけるコロニアルスタイルの洋館です。

神戸 海岸通の近代建築-2

海岸ビル(旧三井物産神戸支店)

商船三井ビルディングの西隣に建つ「海岸ビル(旧三井物産神戸支店)」(地図

設計は河合浩蔵氏、竣工は1918年。

建て替え工事の設計は昭和飛行機工業・竹中工務店、竣工は1998年です。

阪神大震災で大きなダメージを受けた旧い建物を高層ビルとして建て替えた際...

旧い建物のファサードを低層部で再現したため、近代建築の上に高層ビルを乗せたようなデザインになっています。

相当な違和感を感じますが、個人的にはこういう事例も全然OKだと思います。

商船三井ビルディングと比較すると、装飾的は直線化・単純化され、クールでより現代的な印象を受けます。

神戸郵船ビル(旧日本郵船神戸支店)

海岸ビルの1ブロック西にある「神戸郵船ビル(旧日本郵船神戸支店)」(地図

設計は曾禰中條建築事務所(曾禰達蔵氏・中條精一郎氏)、竣工は1918年です。

海岸ビルと同じ年の竣工なのですが、こちらは古典主義様式を意識した設計です。

竣工当時の装飾はより凝ったものだったそうですが、空襲、改修を経て、現在の姿に落ち着いたそうです。

阪神大震災の前年に耐震補強工事が完成していたので、大きな損傷を受けずに済みました。

海岸ビルヂング(旧日濠会館)

神戸郵船ビルの3ブロック西にある「海岸ビルヂング(旧日濠会館)」(地図

現在はテナントビルですが、界隈では最も古いオフィスビルです。

古典様式をベースに様式の枠に捉われないデザインは、今見ても大変凝った意匠です。

が、ペディメント等が空襲により焼失し、ルーフ・トップのデザインが竣工当時とは異なっています。

設計は海岸ビルと同じ河合浩蔵氏、竣工は1911年です。

両方の作品を見比べると、設計者の意匠へのアプローチの変化が垣間見れます。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築作品・街並みなどを紹介しています。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

ご支援のお願い

HP http://www.kbookmark.com/

Mail kbookmark@gmail.com

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: