パリの美術館巡り「カルティエ財団」

「カルティエ財団」(地図)は、現代美術の振興を目的に設立した財団です。

カルティエ財団

パリ14区に建つ財団の活動の拠点は、ジャン・ヌーベル氏の設計で、竣工は1994年です。

カルティエ財団

ガラス張りの建物はたくさんありますが、ガラスでできた建物を見るのはこれが初めて!

カルティエ財団

と思わせるぐらい透明感に溢れた作品です。

カルティエ財団

しかし、ジャン・ヌーヴェル氏のデザインは多様で楽しく全く飽きが来ない。

心の底から、すごい!と感じます。

巨大な科学技術博物館「科学産業シティー」

ラ・ヴィレット公園の中核施設「科学産業シティー」

世界最大の科学技術博物館を目指した延床面積140,000m2の巨大な建物。

設計はアンドリアン・ファンシルベール氏、竣工は1986年。

科学産業シティー

銀色の球体は「ジェオッド」と呼ばれる映画館で、足元から頭上まで直径36mの球形のスクリーンで、357人を収容します。

科学産業シティー

使われなくなった国立競売場の構造を利用して改装する案がコンペで選ばれました。

科学産業シティー

内部は、4つの展示スペースに分けられています。

建築家・技術者・科学者で構成されるチームが展示計画を担当しています。

科学産業シティー

子供向けの科学教育の施設ですが、堅苦しい雰囲気は全くなく大人でも結構楽しめます。

インテリア・デザインの面からも学ぶことが多いです。

ポルザンパルク氏の代表作「ミュージック・シティー」

ラ・ヴィレット公園内の施設の一つ「ミュージック・シティー」

ミュージック・シティーは、西棟と東棟に別れています。

ミュージック・シティー

ミュージック・シティーの西棟です。

設計はクリスチャン・ド・ポルザンパルク氏、竣工は1990年。

この独特なファサードの形状は、施設内の音楽関連の諸室に、通りからの騒音の侵入を防ぐように考えられたものです。

ミュージック・シティー

西棟にはパリ国立高等音楽院の学習室、寮、コンサート・ホールなどが設置されています。

ミュージック・シティー

こちらはミュージック・シティーの東棟です。

こちらの設計もクリスチャン・ド・ポルザンパルク氏、竣工は1995年。

ミュージック・シティー

東棟は一般の利用者向けに、コンサート・ホール博物館、リハーサル室、事務室等が設けられています。

ミュージック・シティーは、ミレニアム前のポルザンパルク氏の代表作の一つです。

パリ市内で最大の公園「ラ・ヴィレット公園」

パリの北東部、19区に位置する「ラ・ヴィレット公園」は、広大な屠殺場跡を再開発したものです。

設計は国際コンペが行われ、800以上の作品からバーナード・チュミ氏の案が選ばれました。

ラ・ヴィレット公園

「ミュージック・シティ」や「科学産業シティー」などの文化施設

「グランド・ホール」と呼ばれる多目的ホールなどが公園内に配置されています。

単なる広場・公園としてではなく、文化情報の発信拠点としても機能しているようです。

ラ・ヴィレット公園

ラ・ヴィレット公園内に規則的に点在するフォリーの一つです。

公園内には30以上のフォリーがあり、様々な用途に利用されています。

ラ・ヴィレット公園

赤いフォリーは、ラ・ヴィレット公園を特徴付けるアイテムです。

ラ・ヴィレット公園

グランド・ホール

ラ・ヴィレット公園内の施設の一つ「グランド・ホール」

1867年に完成した建物を構造体を残し内部を改装して多目的ホールとして利用しています。

パリ中央市場の移転の際、19世紀の建築を全て壊したことへの反省の意味があります。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築作品・街並みなどを紹介しています。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

ご支援のお願い

HP http://www.kbookmark.com/

Mail kbookmark@gmail.com

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: