単純でありながらインパクト大「フランス大蔵省新庁舎」

セーヌ川を挟んでフランス国立図書館の北側に位置する「フランス大蔵省新庁舎」

フランス大蔵省新庁舎

設計はポール・シュメトフ氏、ボルハ・ユイドブロ氏、竣工は1988年。

フランス大蔵省新庁舎

セーヌ川に対して直角に交わり、ベルシー通りに沿って一直線に長く伸びる建物。

フランス大蔵省新庁舎

単純でありながら、グラン・プロジェの建築の中でもインパクトのある作品です。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築作品・街並みなどを紹介しています。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

ご支援のお願い

HP http://www.kbookmark.com/

Mail kbookmark@gmail.com

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: