現代建築が立ち並ぶマドリッドの金融街「AZCA」

レアル・マドリードのホームスタジアム「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」のカステヤーナ通りの交差点の反対側に位置する「AZCA」(地図

AZCA

1970年代から開発が始められ、マドリッドの中心部に近い地域では、比較的新しい建物が建ち並ぶ現代的なエリアです。

バンコ・デ・ビルバオ・タワー

スペインの大手銀行グループBBVAのマドリッドの本部ビル「バンコ・デ・ビルバオ・タワー」(地図

設計はFrancisco Javier Saenz de Oiza氏、竣工は1981年です。

四周に連続する窓と、鋼の30年以上の酸化が醸し出す印象的なファサードが特徴です。

マドリッドの最重要な建築のランドマークの一つに数えられています。

トーレ・ピカソ

AZCAで一番高いビル「トーレ・ピカソ」(地図

設計はミノル・ヤマサキ氏、竣工は1988年です。

高さ157mの43階建てで、2007年まで、スペインで一番高い高層建築でした。

マドリッドでは、白い建物をあまり見かけなかったので、シンプルなファサードがとても印象的です。

Edificio Cadagua

個人的にマドリッド現代建築デザイン大賞を贈りたい「Edificio Cadagua」(地図

カステヤーナ通り沿いに建つ高さ57m、14階建てのオフィス・ビルで、竣工は1977年です。

設計者は不明で、ネットで検索しても詳しい情報は出てきませんでした。

このハイテク建築を極めたようなデザインは、どう見ても35年前のものではないように感じます。

完成後に大規模なリニューアル工事が施されたのではないかと推測しています。

トーレ・ヨーロッパ

AZCAの一番北、地下鉄サンティアゴ・ベルナベウ駅に直結している「トーレ・ヨーロッパ」(地図

高さ121m、30階建てのオフィス・ビルで、設計はMiguel Oriol e Ybarra氏、竣工は1985年です。

マドリッド高層建築の中では、唯一デザインに期待していた作品だったのですが...

ファサードの一番目立つところに馬鹿でかい広告。

交差点をはさんでレアル・マドリードの「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」があります。
関連記事


ヤフオク出品中
アメリカ建築案内1(TOTO出版)
アメリカ建築案内2(TOTO出版)
JA THE JAPAN ARCHITECT 55 2004年 秋 中国に建つ日本人建築家の作品 (新建築社)
a+u 建築と都市 2003年12月号 百花斉放 Architecture in China

コメント

非公開コメント

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

HP https://kbookmark.web.fc2.com/

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: