大阪 淀屋橋界隈の建築作品-3

グランサンクタス淀屋橋

旧八木通商大阪本社本社ビルの外壁の一部を曳家工法で保存した「グランサンクタス淀屋橋」(地図)。

もともとは辰野片岡建築事務所の設計により1918年に竣工した大阪農工銀行ビル。

1929年に国枝博氏の設計で外装を改築し、1968年から八木通商の大阪本社として利用されていました。

モスクなどのイスラム建築で見られる繊細なアラベスクが保存されて良かったと思います。

高麗橋ビルディング(旧大阪教育生命保険)

グランサンクタス淀屋橋から三休橋筋を1ブロック南に建つ「高麗橋ビルディング(旧大阪教育生命保険)」(地図)。

設計は辰野片岡建築事務所、竣工は1912年。

東京駅の赤レンガ駅舎などと比較するまでもなく、辰野氏の作品としては小ぶりですが、大変見応えのあるおもしろい作品です。

現在は「オペラ・ドメーヌ高麗橋」というレストラン・結婚式場として利用されています。

日本基督教団浪花教会

高麗橋ビルディングの南隣に建つ「日本基督教団浪花教会」(地図)。

設計はウィリアム・メレル・ヴォーリス氏の指導の元竹中工務店、竣工は1930年。

通りに沿って並ぶゴシック様式の五つの尖頭アーチ・ステンドグラスが目を惹きます。

礼拝堂内部は、時代や外観からの印象、さらに言えばヴォーリス氏の作風とも違って大変個性的です。

芝川ビル

心斎橋筋と伏見町通が交わる交差点の南東角に建つ「芝川ビル」(地図)。

設計は渋谷五郎氏・本間乙彦氏、竣工は1927年。

南米マヤ・インカ文明の装飾が施された姿は、現在でもハッとさせられるものがあります。

竣工時は全てを応接室・娯楽室などに当てた自社ビルとして計画されたそうですが、現在はテナントビルとして利用されています。

清水猛商店

御堂筋から淡路町通を東に入ってすぐの所に建つ 「清水猛商店」(地図)。

設計は小川安一郎氏(住友工作部)、竣工は1924年。

一見、RC造のルネサンス風のデザインですが、木造の建物です。

三連のアーチ窓にレンガときて、ちょとした装飾アイテムとして瓦が使われているのがおもしろいです。

大阪瓦斯ビルヂング(大阪ガスビル)

御堂筋に面して建つ「大阪瓦斯ビルヂング(大阪ガスビル)」(地図)。

設計は安井武雄氏、竣工は1933年。

安井氏の代表作であり、日本のモダニズム建築の最重要作品の1つです。

大阪で最も近代的で美しいビルと称され、広く市民に開放されていたため、大阪の人々に長く愛され続けている作品です。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

大阪 淀屋橋界隈の建築作品-2

石原ビルディング

淀屋橋交差点南西角に建つ「石原ビルディング」(地図)。

設計は眞水・三橋建築事務所、竣工は1939年。

1階と2階は黒い石張り、3階から上は白いタイル張り、細い縦長の窓が連続する姿は竣工時の流行だそうです。

最上階は淀屋橋を一望できるよう大きな開口部が設けられていて、外観のアクセントになっています。

三井住友銀行大阪本店(旧住友ビルディング)

淀屋橋交差点から土佐堀通を西に3ブロック進んだ所に建つ「三井住友銀行大阪本店(旧住友ビルディング)」(地図)。

設計は日建設計の前身、住友合資会社(日高胖氏・長谷部鋭吉氏・竹腰健造氏)、竣工は第1期北側1926年、第2期南側1930年。

界隈は「住友村」と呼ばれるエリアで、住友財閥の総本店として建設された建物です。

エントランスのオーダーはイオニア式で、内部はコリント式オーダーが並びます。

大阪倶楽部

三井住友銀行大阪本店の東側道路を南に1ブロック進んだところに建つ「大阪倶楽部」(地図)。

設計は安井武雄氏、竣工は1924年。

大阪ガスビルや髙麗橋野村ビルディングと共に、安井氏の代表作の一つです。

安井氏は、この大阪倶楽部の竣工後に「井武雄建築事務所を開設しています。

アンティカ オステリア ダル ポンピエーレ

大阪倶楽部から西に10m程進んだ所に建つ「アンティカ オステリア ダル ポンピエーレ」(地図)。

設計者は不明、竣工は1925年です。

現在はイタリア料理のレストランとして利用されていますが、もともと消防署だった建物です。

ロマネスクの雰囲気の漂う建物ですから、イタリアンのレストランにぴったりですが...

当時の消防署はこんなにお洒落だったのかと思うと、何故か複雑な気持ちに。

日本生命保険相互会社大阪本店

御堂筋に面して建つ「日本生命保険相互会社大阪本店」(地図)。

設計は長谷部竹腰建築事務所、竣工は北側1939年、南側を含めた全体の完成は1962年。

大阪の大規模事務所建築の代表作の一つです。

北側が完成した当時、南側にはいわゆる辰野式の旧本館が建っていました。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

大阪 淀屋橋界隈の建築作品-1

淀屋橋

土佐堀川に架かる橋の一つ「淀屋橋」(地図)。

設計はコンペで一等になった大谷龍雄氏の案を元に、武田五一氏と元良勲氏が実施設計を担当、竣工は1935年。

地下鉄御堂筋線と一体的に建設されたため、デザイン・技術の面で当時大変注目された鉄筋コンクリート造のアーチ橋です。

すぐ北側にかかる「大江橋」と共に重要文化財に指定されています。

日本銀行大阪支店

御堂筋をはさんで大阪市役所の西側に位置する「日本銀行大阪支店旧館」(地図)。

設計は辰野金吾氏、葛西万司氏、長野宇平治氏、竣工は1903年。

当時のベルギーの国立銀行をモデルにルネッサンス様式を採り入れたネオ・バロック様式です。

現在、銀行業務は、西側にある新館で行われています。

大阪府立中之島図書館

大阪市役所の東隣に建つ「大阪府立中之島図書館」(地図)。

設計は野口孫市氏・日高胖氏、竣工は1904年。

外観はルネサンス様式、内部はネオ・バロック、中央の列柱・ペディメント部分は新古典主義の様相です。

界隈は、昨今の公園整備で現代的な都市公園に変わりましたが、図書館の姿に変化はないと思います。

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)

中之島のシンボル!と個人的には考えている「大阪市中央公会堂(中之島公会堂)」(地図)。

設計はコンペにより岡田信一郎氏案が選出、辰野金吾氏と片岡安氏が実施設計を担当、竣工は1918年。

ネオ・ルネッサンス様式を基調とし、バロックやセセッションの要素も取り入れられています。

が、コンペ案からは、ボリューム・意匠ともかなり変更が加えられたようで、辰野氏の影響が強すぎるように思えます。

水晶橋

大阪市役所と府立図書館の間を北へ、堂島川に架かる橋の一つ「水晶橋」(地図)。

可動堰として1929年に竣工、 1982年に歩行者専用橋に改装されました。

照明器具、橋へのアプローチ部分の足元のデザインが素敵です。

京阪電鉄なにわ橋駅地上出入口

2008年10月に開業した京阪電鉄中之島線(全線地下)の「なにわ橋駅」(地図)の地上にある出入り口です。

設計は安藤忠雄氏、竣工は2008年。

中之島公園内に出入り口が設けられるということで、中之島線の他の駅の地上出入り口とは違うデザインが施されています。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

Homepage
Twitter
Instagram
Mail

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: