パリで最も美しい教会「サント・シャペル」

パリ最古の、そして最も美しいステンドグラスで知られる教会「サント・シャペル」(地図

サント・シャペル

1階から人一人がやっと通れるような細い階段を上がると...

サント・シャペル

四方をステンドグラスに囲まれた幻想的な空間に導かれます。

今までに体験したことがない大きな感動に包まれました。

サント・シャペル

某旅行会社では、ノートルダム大聖堂よりも先にサント・シャペルを見てはいけないという意味の注意書きがあるそうです。

が、先にサント・シャペルを見てしまった私は、素直にその言葉に納得してしまいました。

ノートルダム大聖堂とは全く異なる印象を受けますが、こちらもまた、ゴシック建築の代表作の一つだと感じます。

Amazon 関連商品Link




パリの象徴「ノートルダム大聖堂」

パリを象徴する建築作品であり、ゴシック建築の代表作の一つ「ノートルダム大聖堂」(地図

ノートルダム大聖堂前の広場がパリからの距離の起点になります。

ノートルダム大聖堂

1163年着工、1320年ごろに完成、以降、破壊、修復等が繰り返され現在に至ります。

ノートルダム大聖堂は、パリ以外にもたくさんありますが、ノートルダムは聖母マリアに与えられた称号です。

ノートルダム大聖堂

ゴシック建築の構造的特徴の一つフライング・バッドレスや大きなバラ窓が確認できます。

ノートルダム大聖堂

エントランスの上部のポルタイユのレリーフ。

ノートルダム大聖堂

ゴシック建築に足を踏み入れると、条件反射のようにこのカット。

ノートルダム大聖堂

ゴシック建築になって、比較的大きな開口部を設けることが可能になりました。

ステンドグラスを通して、光に色を与え、神秘的・宗教的な空間を演出します。

日本の神社仏閣には、見られない発想です。

Amazon 関連商品Link




パリの美術館巡り「カルティエ財団」

「カルティエ財団」(地図)は、現代美術の振興を目的に設立した財団です。

カルティエ財団

パリ14区に建つ財団の活動の拠点は、ジャン・ヌーベル氏の設計で、竣工は1994年です。

カルティエ財団

ガラス張りの建物はたくさんありますが、ガラスでできた建物を見るのはこれが初めて!

カルティエ財団

と思わせるぐらい透明感に溢れた作品です。

カルティエ財団

しかし、ジャン・ヌーヴェル氏のデザインは多様で楽しく全く飽きが来ない。

心の底から、すごい!と感じます。

Amazon 関連商品Link




プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: