ロッテルダム・ブラーク駅界隈の建築作品

ロッテルダム・ブラーク界隈には、見学に訪れたい新旧の建築作品が集中しています。

先に紹介した「キューブ・ハウス」、次に紹介する「マルクトハル」の最寄でもあります。

ロッテルダム・ブラーク駅

まるでUFOが舞い降りてきたかのような円盤状の構造体。

その正体は、地下にある「ロッテルダム・ブラーク」(地図)への地上の出入口です。

設計はハリー.C.H.レインダース氏、竣工は1993年。

地上はメトロ、地下はオランダ鉄道とメトロが利用しています。

ロッテルダム・ライブラリー

オランダで最大の公共図書館ロッテルダム・ライブラリー」(地図

設計はヤコブ・バケマ氏、竣工は1983年。

黄色く塗られた換気ダクトが目を惹きますが、パリのポンピドゥー・センターの影響でしょう。

Blaak 8

ロッテルダム・ブラークの南側に建つオフィス・ビル「Blaak 8」(地図

設計はGROUP A、竣工は2011年です。

ファサードのデザインは、自然な構造的論理を持つ木の構造からインスピレーションを得たそうです。

Willem de Kooning Academie

「Willem de Kooning Academie」(地図)は、ロッテルダム応用科学大学のアートスクールです。

Hogeschool Rotterdamとブリッジで結ばれています。

Hogeschool Rotterdam

「Hogeschool Rotterdam」(地図)は、ロッテルダム大学の校舎です。

設計はKCAP、竣工は1998年です。

鉄と木を組み合わせた現代的なファサードが新鮮です。


ヤフオク出品中
アメリカ建築案内1(TOTO出版)
アメリカ建築案内2(TOTO出版)
GA ドキュメント・エクストラ 01~05 5冊セット 安藤忠雄、ザハ・ハディド、磯崎新 他