赤い建物に囲まれた「マヨール広場」

「マヨール広場」(地図)は、「トレド通り」、「マヨール通り」、「アトーチャ通り」に囲まれた交通の要衝です。

マヨール広場

昔から商業の中心地であり、マドリッドで最初の市場が15世紀にこの地で開催されました。

マヨール広場

現在の広場の原型は、18世紀末の大火災の後、建築家フアン・デ・ビリャヌエバ氏の設計によるもので、1854年に完成。

マヨール広場

赤い壁の建物に囲まれた現在の姿に収まったのは1953年のことです。

かつては王室の儀式、闘牛、お祭り、拷問や焚刑なども行われたそうです。


ヤフオク出品中
アメリカ建築案内1(TOTO出版)
アメリカ建築案内2(TOTO出版)
GA ドキュメント・エクストラ 01~05 5冊セット 安藤忠雄、ザハ・ハディド、磯崎新 他

マドリッドの中心にある広場「プエルタ・デル・ソル」

マドリッドの中心にある半円形の広場「プエルタ・デル・ソル(太陽の門)」(地図

プエルタ・デル・ソル

周囲にはマドリッドの定番の観光スポットが点在ています。

さらに、様々な商業施設、飲食店、ホテルなどがこの広場を中心に軒を並べます。

プエルタ・デル・ソル

地下鉄1/2/3号線及びスペイン国鉄がこの広場の地下に駅を設けています。

プエルタ・デル・ソル

そんなこともあって、観光で訪れる際は、この広場の近くに拠点を構えれば大変便利だと思います。

マドリッド自治政府庁

プエルタ・デル・ソルの南側に建つ「マドリッド自治政府庁」(地図

設計はフランス人建築家ジャック・マルケ氏、竣工は1768年です。

マドリッド自治政府庁

もともと郵便局だった建物です。

玄関前には、スペインの国道の0km地点があります。


ヤフオク出品中
アメリカ建築案内1(TOTO出版)
アメリカ建築案内2(TOTO出版)
GA ドキュメント・エクストラ 01~05 5冊セット 安藤忠雄、ザハ・ハディド、磯崎新 他