桂離宮 月波楼

桂離宮 月波楼

古書院の北側、書院群よりも少し高い位置に建つ「月波楼」。

名前の通り、月を見るために適した場所に建てられた茶室です。

桂離宮 月波楼

松琴亭から見た月波楼です。

正面に見える部屋が「中の間」で観月のための部屋です。

中の間の北と東の開口部には濡れ縁が設けられています。

桂離宮 月波楼

月波楼の池に面する東側に「口の間」(手前)と「中の間」(奥)が配置されています。

桂離宮 月波楼

中の間から東側の様子です。

池があり対岸に松琴亭が位置します。

開口部の真ん中に柱や濡れ縁の手すりの束が無ければよいのにと感じますが...

屋形船をイメージして、あえてこうしているのだとか。

桂離宮 月波楼

屋根裏は、船の底をイメージして竹の垂木が組まれています。

中央に目立つ束が一本ありますが、この束で屋根全体を支えているように見せています。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

桂離宮 新御殿・楽器の間・中書院・古書院

桂離宮 書院群

桂離宮の書院群は、西(写真左手)から、新御殿・楽器の間・中書院(木に隠れています)・古書院で構成されます。

桂離宮 新御殿・楽器の間・中書院

これらは、それぞれ異なる時期に建立されたものの、雁行形に一つの建物のように建ち並んでいます。

参観では外部を眺めるだけですが、それでも、繊細な美の世界を垣間見ることが可能です。

桂離宮 新御殿

智忠親王が後水尾上皇をお迎えするために増築された「新御殿」。

内部は九室で構成され、一の間には、天下の三棚の一つと言われる「桂棚」と付書院があります。

書院群の床が高いのは、桂川の氾濫にそなえてのものです。

桂離宮 楽器の間

新御殿と中書院に挟まれた位置にある「楽器の間」。

三畳の小さな部屋で名の通り楽器の収納に使われていたようです。

写真には縁座敷と広縁の間にちらっと写っているだけです。

桂離宮 中書院

楽器の間と古書院に挟まれた位置にある「中書院」。

中書院は納戸一室を含め四室で構成されます。

襖や床・違棚には、狩野派の絵師の水墨画が描かれています。

桂離宮 古書院

「古書院」は八室で構成され、桂離宮の造営が始められた1615年頃の建立だと考えられています。

新御殿や中書院とは縁側(すなわち外観)のデザインが大きく異なっています。

桂離宮 古書院

観月のために古書院の二の間の広縁の外側に設けられた「月見台」です。

竹簀子の簡素なつくりです。

奥に見えるのが「月波楼」です。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

桂離宮 笑意軒

桂離宮 笑意軒

桂離宮のほぼ南端に建つ茶室「笑意軒」。

茅葺の寄棟造の屋根に南を除く三方に杮葺きの庇がつけられています。

桂離宮の茶室では唯一、宿泊が可能なように設備が整えられているそうです。

北側正面の池の汀線は、船がつけられるように直線に整えられています。

桂離宮 笑意軒

笑意軒の前にある延段。

桂離宮 笑意軒

手前が「口の間」、左手側が「中の間」、奥が「次の間」です。

内部は襖で仕切られますが、天井まで届かず、部屋を開放的に広く見せています。

襖の引手は船で使う「櫂」の形をしています。

桂離宮 笑意軒

口の間の東側の杉戸の室外側の引手は「矢羽根」の形をしています。

桂離宮 笑意軒

次の間から南側の農地を見た様子です。

農地は景観保全のために購入し、地元の農家の方に作業を委託しているとのこと。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

Homepage
Twitter
Instagram
Mail

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: