大阪 南船場界隈の建築作品

又一ビルディング(旧大谷仏教会館)

久太郎町三丁目の交差点から南に御堂筋を歩いてすぐの所に建つ「又一ビルディング」(地図)に「旧大谷仏教会館」の壁面の一部が保存されています。

ガラス張りのビルの一部にはめ込まれたテラコッタの外壁は一見奇異に映りますが...

保存部分は大変美しく華やか、現実的な保存手法の一つして好意的に捉えたいなと思います。

又一ビルディングの設計は竹中工務店、竣工は1985年、旧大谷仏教会館の設計は竹内緑氏、竣工は1933年。

三木楽器本社(旧大阪開成館 三木佐助商店)

北久宝寺町通と心斎橋筋との交差点南東角に建つ「三木楽器開成館(旧大阪開成館 三木佐助商店)」(地図)。

設計は増田清氏、竣工は1924年。

心斎橋筋のアーケードで目立ちませんが、建築の道を行く人であれば、北久宝寺町通を歩いていると必ず目に留まるビルでしょう。

所々に植物のレリーフを配した、シンプルで美しいファサードは、時間と共に個性が際立ってきているように感じます。

大阪農林会館(旧三菱商事大阪支店)

長堀通三休橋交差点から北に2ブロック進んだ所に建つ「大阪農林会館(旧三菱商事大阪支店)」(地図)。

設計は三菱地所営繕課、竣工は1930年。

エントランスが設けられているコーナ部分の特に看板のデザインが面白いです。

2~4階の建具が細い枠組みのレトロ感の溢れる物で、大変印象に残るものです。

原田産業(旧原田商事)大阪本社

大阪農林会館から東に約10mの所に建つ「原田産業(旧原田商事)大阪本社」(地図)。

設計は小笠原祥光氏、竣工は1928年。

一見レストランや結婚式場のような建物ですが、事務所ビルとして利用されています。

様々な意匠要素が取り入れられていますが、これらが喧嘩することなくきっちりまとめられているのは設計者の力量でしょう。

堺筋倶楽部アンブロシア(旧川崎貯蓄銀行大阪支店)

長堀橋から堺筋を北に3ブロック行った北東角に建つ「堺筋倶楽部アンブロシア(旧川崎貯蓄銀行大阪支店)」(地図)。

設計は矢部又吉氏、竣工は1931年。

正面エントランス周りのデザインは、当時の大阪の人々に東京の銀行を強く意識させるものだったとのこと。

現在はレストランとして利用されていて、金庫室はワインセラーに、電話交換室は個室ダイニングとして活用されています。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

大阪 肥後橋界隈の建築作品-2

菅澤眼科クリニック

土佐堀一丁目から一つ西の交差点を北に入った所に建つ「菅澤眼科クリニック」(地図)。

設計は清水組(現清水建設)、竣工は1929年。

角地ではないのですが、大阪の近代建築でよく見かける、建物のコーナー部分に相当拘ったであろうエントランスを配置したプラン。

船町ビル、ダコタハウスと、大袈裟ではありませんが、現在の建築に見られないデザイン手法がおもしろくて刺激になります。

日本キリスト教団大阪教会

先に紹介したダコタハウスのほぼ裏側(南側)にある「日本キリスト教団大阪教会」(地図)。

設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏、竣工は1922年。

無機質な現代建築が建ち並ぶ街中に切妻の煉瓦の大壁面が見事なロマネスク様式の教会です。

1995年の阪神大震災で半壊するものの、8ヶ月の復興工事の末、無事復興しました。

京町ビル

いきなり四ツ橋筋に飛んで京町堀にある「京町ビル」(地図)です。

設計は岡部顕則氏(岡部建築事務所)、竣工は1926年。

2階から5階にかけて、小さなアーチ窓がリズミカルに連続する姿が大変印象的です。

レトロなビルと言うと真っ先にこういう感じのビルを思い浮かべますね。

安田ビル

靭公園の北、京町堀一丁目交差点を西に歩いてすぐの所に建つ「安田ビル」(地図)。

設計者は不明、竣工は1936年。

四本のドリス式のオーダーがレトロ感を際立たせていますが、建具は新しいものに替えられているようです。

古い建物の建具の改修は、デザイン面と機能面を両立させることが難しいポイントです。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

大阪 肥後橋界隈の建築作品-1

大同生命大阪本社ビル

肥後橋交差点の南東角に建つ「大同生命大阪本社ビル」(地図)。

設計は一粒社ヴォーリズ建築事務所・日建設計、竣工は1993年。

1925年に竣工したウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏が設計したビルを建替えた作品です。

旧ビルのデザインやテラコッタなどが部分的に取り入れられていて、新旧が上手くまとめられていると思います。

低層部は大胆に絞り込まれていて、これが外観上の特徴になっています。

山内ビル(旧山内法律特許事務所)

肥後橋の交差点から西に細い一方通行を少し進んだ所に建つ「山内ビル(旧山内法律特許事務所)」(地図)。

設計は今北乙吉氏、竣工は1930年(1933年という資料も)。

一見、スクラッチタイルのようですが、ワイヤーで切り取った粗面タイルが使われています。

エントランス周りから4階飾り窓への縦方向のデザインは必見です。

山根商店

山内ビルからさらに一方通行を西へ進むと「山根商店」(地図)が見えてきます。

設計者、竣工年などの詳細は不明ですが、昭和初期に建てられたそうです。

戦後の建物にはない遊び心とどこか愛嬌のある意匠が、背後に建ち並ぶ中之島の高層ビル群と対照的です。

都市風景のコントラストを鮮明にします。

船町ビル

山根商店の前の道を南に進むと土佐堀通に面して「船町ビル」(地図)が建っています。

設計者は不明、竣工は1937年です。

奥に細長い台形の敷地に、正面性を強く意識させるファサードとプランを持ってこれるのはすごいなと感じました。

現在の建築家に設計をお願いしたら、このデザインは産まれないでしょう。

ダコタハウス(旧大平ビル)

船町ビルから土佐堀通を約250m西に建つ『ダコタハウス(旧大平ビル)」(地図)。

設計者は不明、竣工時期も不明ですが、大正から昭和にかけての1925年ごろだそうです。

落ち着きのあるレトロな雰囲気にまとまっていますが、よく見るとデザイン要素が複雑に組み込まれています。

船町ビルと同様、当時このビルのデザインにかかわった方の力量を感じさせます。

建築ブックマークのインスタをフォロー!

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

Homepage
Twitter
Instagram
Mail

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: