グラン・エクラン / 丹下健三 / パリ

「グラン・エクラン」(地図)は、フランス、パリ13区のイタリア広場に面して建つ複合施設です。

設計は丹下健三氏、竣工は1991年。

グラン・エクラン 丹下健三

グラン・エクラン 丹下健三

東京都庁舎などの外装のように、当時の丹下氏の作品の雰囲気を感じます。

グラン・エクラン 丹下健三

現代的なシンボリックなタワーが目を惹きます。

グラン・エクラン 丹下健三

メインエントランスの上部。

グラン・エクラン 丹下健三

メインエントランスから内部に足を踏み入れると大きな吹抜空間、アトリウムが拡がります。

グラン・エクラン 丹下健三

アトリウムからメインエントランス、その向こうにイタリア広場を。

グランダルシュ / ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン / ラ・デファンス

「グランダルシュ」 (地図)は、フランス、パリの西の再開発地区「ラ・デファンス」に位置する高さ110mの高層建築です。

設計はヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン氏、竣工は1989年。

フォン・スプレッケルセン氏は、建設途中にプロジェクトから離れ、ポール・アンドリュー氏が後を引き継ぎました。

グランダルシュ ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン

ルーブル美術館から凱旋門を結ぶパリの歴史軸の延長線上に位置し、竣工時、日本ではよく新凱旋門として紹介されていました。

グランダルシュ ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン

シンボリックなデザインで、ラ・デファンスのランドマークですが、事務所ビルです。

最上階には展望台もあります。

グランダルシュ ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン

グランダルシュ ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン

グランダルシュ ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン

グランダルシュ ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン

界隈はパリの新都心的なエリアで、現代建築が建ち並びます。

パシフィック・タワー / 黒川紀章 / ラ・デファンス

「パシフィック・タワー」(地図)は、フランス、パリの西の再開発地区「ラ・デファンス」に位置するオフィスビルです。

設計は黒川紀章氏、竣工は1992年。

パシフィック・タワー 黒川紀章

パシフィック・タワー 黒川紀章

パシフィック・タワー 黒川紀章

ラ・デファンスは、自動車専用道路に囲まれています。

そのため、歩行者のアクセスを考えて、建物の中央部を抜けた所に歩行者専用橋(ジャパンブリッジ)が設けられています。

パシフィック・タワー 黒川紀章

自動車専用道路と敷地の形状から建物は半月形をしています。

思いの外、ジャパン・ブリッジの丹色が街並みのアクセントになっています。

パシフィック・タワー 黒川紀章

メインエントランスにも丹色が使われています。

シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋 / ディトマール・ファイヒティンガー / パリ

「シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋」(地図)は、フランス、パリのセーヌ川に架かる橋の一つです。

設計はディトマール・ファイヒティンガー氏、竣工は2006年。

シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋 ディトマール・ファイヒティンガー

セーヌ川の両岸、ベルシー公園とフランス国立図書館を結ぶ歩行者と自転車の専用橋です。

シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋 ディトマール・ファイヒティンガー

橋の名称はフランスの哲学者・作家のシモーヌ・ド・ボーヴォワールにちなんだものです。

シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋 ディトマール・ファイヒティンガー

橋は上下に二重になっています。

シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋 ディトマール・ファイヒティンガー

下側は両岸の川辺へ、上側はそれぞれベルシー公園とフランス国立図書館にアクセスできるようになっています。

シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋 ディトマール・ファイヒティンガー

図書館側からベルシー公園を!

シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋 ディトマール・ファイヒティンガー

ベルシー公園側からフランス国立図書館を!

フランス国立図書館(フランソワ・ミッテラン館) / ドミニク・ペロー / パリ

「フランス国立図書館(フランソワ・ミッテラン館)」(地図)は、フランス、パリ13区ベルシー地区のセーヌ川のほとりに位置する図書館です。

フランス国立図書館 ドミニク・ペロー

設計は244チームが参加したコンペが行われ、ドミニク・ペロー氏の案が選出、竣工は1994年。

フランス国立図書館 ドミニク・ペロー

4棟のL字型の建物は書庫として機能しています。

フランス国立図書館 ドミニク・ペロー

すぐそばにセーヌ川があるからか、盛土をしたような形になっています。

日本では、地震への対応を考えると、書庫や収蔵庫の高層化は現実的ではありませんが...

昨今の水害被害を見ていると、高層化も考える必要がありますね。

フランス国立図書館 ドミニク・ペロー

フランス国内で出版された印刷物は、この図書館に一部を保存することになっています。

フランス国立図書館 ドミニク・ペロー

フランス国立図書館 ドミニク・ペロー

4棟の書庫に囲まれるように配置された中庭の周囲に閲覧室が配置されています。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク


建築ブックマーク ブログでは、国内外の建築、庭園、街並みなどを撮影・紹介しています。

現在、あちらこちらに散在していた建築案内関係コンテンツをブログにまとめています。


Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: