パリ ラ・ヴィレット公園-1

パリの北東部、19区に位置する「ラ・ヴィレット公園」は、広大な屠殺場跡を再開発したものです。

設計は国際コンペが行われ、800以上の作品からバーナード・チュミ氏の案が選ばれました。

ラ・ヴィレット公園

「ミュージック・シティ」や「科学産業シティー」などの文化施設

「グランド・ホール」と呼ばれる多目的ホールなどが公園内に配置されています。

単なる広場・公園としてではなく、文化情報の発信拠点としても機能しているようです。

ラ・ヴィレット公園

ラ・ヴィレット公園内に規則的に点在するフォリーの一つです。

公園内には30以上のフォリーがあり、様々な用途に利用されています。

ラ・ヴィレット公園

赤いフォリーは、ラ・ヴィレット公園を特徴付けるアイテムです。

ラ・ヴィレット公園

グランド・ホール

ラ・ヴィレット公園内の施設の一つ「グランド・ホール」

1867年に完成した建物を構造体を残し内部を改装して多目的ホールとして利用しています。

パリ中央市場の移転の際、19世紀の建築を全て壊したことへの反省の意味があります。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク


建築ブックマークは、国内外の建築、庭園、街並みなどを撮影・紹介しています。


活動をサポートして頂けるスポンサー様を募集中です。


Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: