巨大なガラス・ドームを新設「ドイツ連邦議会議事堂」

「ドイツ連邦議会議事堂」は、東西ドイツ統一を期に、1894年に竣工したかつての議事堂を修復した建物です。

ドイツ連邦議会議事堂

修復・改修は、ノーマン・フォスター氏の設計により1999年に竣工しました。

ドイツ連邦議会議事堂

ノーマン・フォスター氏の設計で新たに屋上に設けられたガラス張りの巨大なドーム。

ドイツ連邦議会議事堂

ドイツ連邦議会議事堂

ガラスドーム内に巡らされた通路から、ベルリンの市内の風景が楽しめます。

ドイツ連邦議会議事堂

ガラスドームから議事堂内の様子も垣間見れます。

パウル・レーベ・ハウス

連邦議会議事堂の北隣にある「パウル・レーベ・ハウス」

一言で説明すると議員会館で、議員のオフィスや会議室、レストランなどがあります。

設計はシュテファン・ブラウンフェルス氏、竣工は2001年です。

シュプレー川をはさんで東側に建つ議会図書館「マリー・エリザベス・リューダー・ハウス」も同氏の作品です。
関連記事

コメント

非公開コメント