神戸 新港地区界隈の建築作品

三ノ宮駅からフラワーロードを南に進んで阪神高速道路の高架を抜けると...

神戸税関旧館

まず目に留まる立派な建物「神戸税関旧館」(地図

設計は大蔵省営繕課、竣工は1927年です。

神戸港新港地区のランドマークとして親しまれてきた日本最大の税関庁舎だった建物。

しかし、阪神大震災で被災し、1998年に建て替えられました。

時計塔、エントランス・ホールを有する旧館は保全され、新館の外壁は建て替え前の姿が再現されています。

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)旧館

神戸税関旧館の道を挟んで東側にある「旧神戸市立生糸検査所」(地図

現在は「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)旧館」として利用されています。

設計は神戸市営繕課、竣工は1927年です。

建物中央部分は、高く突き抜けた二本の柱、エントランス周りの尖塔アーチなど...

1927年の竣工とは思えない新しさ、モダンを感じるデザインです。

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)新館

旧神戸市立生糸検査所の東側に建設された「旧国立生糸検査所」(地図

設計は置塩章氏、竣工は1932年です。

2012年より「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)新館」として利用されています。

神戸税関旧館と並んで、新港地区を代表する近代建築。

一時は取り壊しも心配されましたが、存続が決まって何よりです。

新港貿易会館(旧新港相互館)

旧神戸市立生糸検査所の南側に建つ「新港貿易会館(旧新港相互館)」(地図

竣工は1934年、設計者は不明です。

当時流行していたスクラッチタイルが全面に貼られています。

他にも、当時の流行が所々に取り入れられ、一見地味ながら設計者の遊び心を感じます。

阪神大震災にも耐えた、世紀を超えて歴史を伝えてくれる建築物です。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク


建築ブックマークは、国内外の建築、庭園、街並みなどを撮影・紹介しています。


活動をサポートして頂けるスポンサー様を募集中です。


Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: