マドリッド アトーチャ駅

スペインのほぼ中心にある首都のマドリッドの陸の玄関口「アトーチャ駅」(地図

アトーチャ駅

アトーチャ駅

設計はコンペが行われ、ラファエル・モネオ氏の案が選出、竣工は1992年です。

アトーチャ駅

写真は、AVEなど高速鉄道が発着する新駅舎のプラットフォーム上の天井を写したものです。

アトーチャ駅

アトーチャ駅

新駅舎の完成で植物園風に改装された旧駅舎内部。

切符売場や待合スペースなどが配され、新駅の一部として機能しています。

アトーチャ駅

エントランス・ホールには、 駅の上下の移動動線が集められています。

AVEや他のスペイン国鉄線(Renfe)から地下鉄に乗り換える際にこちらを通ります。

アトーチャ駅

「アトーチャ駅」は、高速列車や長距離列車が発着する「プエルタ・デ・アトーチャ駅」と

他のスペイン国鉄線が発着する「アトーチャ・セルカニアス駅」に分かれています。

両駅の切符売場や改札は別に設けられていますので、注意が必要です。
関連記事

コメント

非公開コメント