マドリッドの三大美術館「プラド美術館」、「ティッセン・ボルネミッサ美術館」

12~19世紀初頭のスペインの芸術作品が集められている「プラド美術館」(地図

プラド美術館

設計はフアン・デ・ビリャヌエバ氏、王立絵画彫刻美術館として1819年に開館。

コレクションは開館時311点だったものが、現在では3万点以上とも言われています。

プラド美術館

プラド美術館本館の東側に増築された「ヘロニモス館」(地図

設計はラファエル・モネオ氏、竣工は2007年。

特別展のための展示室、講堂、復元施設などが設けらました。

ティッセン・ボルネミッサ美術館

ビジャエルモサ宮殿を改装した「ティッセン・ボルネミッサ美術館」(地図

設計はラファエル・モネオ氏、1992年にが美術館として開館。

ティッセン・ボルネミッサ男爵と父ハインリッヒ男爵が収集した作品が展示されています。

プラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館、ソフィア王妃芸術センターは...

マドリッドの三大美術館、ゴールデン・トライアングル・オブ・アートと呼ばれています。

関連記事

建築ブックマークのインスタをフォロー!

コメント

非公開コメント

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

Homepage
Twitter
Instagram
Mail

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: