マドリッド アトーチャ駅・プラド通り界隈の美術館

アトーチャ駅と駅から北に延びるプラド通りの界隈に、マドリッドの三大美術館と呼ばれる新旧の美術館が集まっています。

ソフィア王妃芸術センター

アトーチャ駅の西側に建つ「ソフィア王妃芸術センター」(地図

18世紀に建てられた病院を美術館に改装して1992年にオープン。

ピカソの代表作「ゲルニカ」を始め、スペインの現代アートが集められています。

ソフィア王妃芸術センター

新しく設けられたハイテク調の2つのガラス張りのエレベーター・シャフトが大変印象的です。

設計はイギリス人建築家イアン・リッチー氏。

ソフィア王妃芸術センター

こちらは既存の施設の南西側に隣接して増築されたソフィア王妃芸術センターの新館です。

設計はジャン・ヌーベル氏、竣工は2005年です。

ソフィア王妃芸術センター

既存部分とは対照的に、現代的、SF的と言っても過言ではない建築空間が拡がります。

展示スペース、500席の講堂、図書館などが設けられ、芸術センターとしての機能の充実が図られています。


プラド美術館

12~19世紀初頭のスペインの芸術作品が集められている「プラド美術館」(地図

設計はフアン・デ・ビリャヌエバ氏、王立絵画彫刻美術館として1819年に開館。

コレクションは開館時311点だったものが、現在では3万点以上とも言われています。

プラド美術館

プラド美術館本館の東側に増築された「ヘロニモス館」(地図

設計はラファエル・モネオ氏、竣工は2007年。

特別展のための展示室、講堂、復元施設などが設けられました。

ティッセン・ボルネミッサ美術館

ビジャエルモサ宮殿を改装した「ティッセン・ボルネミッサ美術館」(地図

1992年に美術館として開館、設計はラファエル・モネオ氏。

ティッセン・ボルネミッサ男爵と父ハインリッヒ男爵が収集した作品が展示されています。


Amazon 関連商品Link




関連記事

コメント

非公開コメント