JR大阪駅 時空の広場

JR大阪駅は、2011年に大阪ステーションシティとしてリニューアル・オープンしました。

大阪駅(大阪ステーションシティ)

その際、プラットホーム上に連絡橋や広場、橋上駅舎などが設けられました。

大阪駅(大阪ステーションシティ)
この、駅を南北に結ぶ橋上駅舎の屋上部分が「時間の広場(ときのひろば)」です。

大阪駅(大阪ステーションシティ)

長さ約180m、幅約100m、高さ約50mに及ぶ大屋根が南北のビル間に架けられています。

大阪駅(大阪ステーションシティ)

駅というよりも、空港のターミナルビルの出発ロビーのような雰囲気です。

大阪ステーションシティの広場のデザインは、水戸岡鋭治氏が監修を行っています。

大阪駅(大阪ステーションシティ)

ただ、通勤等で大阪駅を利用される方々の動線からは外れているので、ちょっと残念です。

だからと言って、一般利用者の動線とかぶると、落ち着かないか!

Amazon 関連商品Link




関連記事

コメント

非公開コメント