黒川紀章氏設計の観覧車「シンガポール・フライヤー」

開業時は世界最大の観覧車だった「シンガポール・フライヤー」(地図

シンガポール・フライヤー

設計は黒川紀章氏、開業は2008年3月。

シンガポール・フライヤー

現在でも世界最大級の観覧車であることには間違いないのですが...

デザインに無駄がなくシンプルなことと、

マリーナ・べイ・サンズなどの周囲の高層建築群の存在のせいで小さく感じてしまいます。

シンガポール・フライヤー

シンガポール・フライヤーのカプセルは、一つ28人乗りで、全部で28個のカプセルがあります。

最高高さは165m、約30分で一周します。

シンガポール・フライヤー

結婚式やパーティーなどでの貸切が可能で、夕刻からはカクテルが用意されるカクテル・フライトがあります。

シンガポール・フライヤー

ホイールの外側にカプセルがありますので、頂部では全周に視界が拡がります。

シンガポール・フライヤー

シンガポール・フライヤーの底部には、熱帯の植物が植えられた中庭があります。

この中庭を囲む形で、飲食店やお土産屋さんなどが配置されています。




Amazon Link



関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: