マドリッド マヨール通り界隈の建築作品

プエルタ・デル・ソル

マドリッドの中心にある半円形の広場「プエルタ・デル・ソル(太陽の門)」(地図

周囲にはマドリッドの定番の観光スポットが点在しています。

さらに、様々な商業施設、飲食店、ホテルなどがこの広場を中心に軒を並べます。

プエルタ・デル・ソル

また、地下鉄1/2/3号線及びスペイン国鉄がこの広場の地下に駅を設けています。

そんなこともあって、観光で訪れる際は、この広場の近くに拠点を構えれば大変便利だと思います。

マドリッド自治政府庁

プエルタ・デル・ソルの南側に建つ「マドリッド自治政府庁」(地図

設計はフランス人建築家ジャック・マルケ氏、竣工は1768年。

もともと郵便局だった建物で、玄関前には、スペインの国道の0km地点があります。


マヨール広場

プエルタ・デル・ソルから約300m西に位置する「マヨール広場」(地図

トレド通り、マヨール通り、アトーチャ通りに囲まれた交通の要衝です。

昔から商業の中心地であり、マドリッドで最初の市場が15世紀にこの地で開催されました。

マヨール広場

現在の広場の原型は、建築家フアン・デ・ビリャヌエバ氏の設計によるもので1854年に完成。

赤い壁の建物に囲まれた現在の姿に収まったのは1953年のことです。

かつては王室の儀式、闘牛、お祭り、拷問や焚刑なども行われたそうです。


サン・ミゲル市場

マヨール広場の西側にある「サン・ミゲル市場」(地図)は

マドリッドに現存する唯一の鉄骨造の建築物です。

設計は、アルフォンソ・デュベ氏、ディーツ氏、竣工は1916年。

サン・ミゲル市場

2009年にフアン・ミゲル・アラルコン氏の手によりリニューアルされ...

約30の飲食店が軒を並べるマドリッドで一番人気のグルメ・スポットです。

サン・ミゲル市場

昼食には早い時間に撮影で訪れたのですが、美味しそうな食べ物、飲み物の波状攻撃。

この日のランチはここでゆっくりしようと考え、12時過ぎごろに戻ってきたのですが、あまりの人の多さに食事を断念。

普段、海外で特にグルメにこだわる方ではないのですが、この市場だけは本当に心残りです。

Amazon 関連商品Link




関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: