ベルリンで必見の建築作品-1

多彩なベルリンの建築作品を一気に紹介します。

ドイツ歴史博物館展示ホール

「ドイツ歴史博物館展示ホール」(地図)は、バロック様式の本館北側に増築された展示ホール。

ガラス張りの螺旋階段が印象的です。

イオ・ミン・ペイ氏のドイツ初の作品、2003年竣工です。

ハンバーガー・バーンホフ現代美術館

ベルリン国立博物館群を構成する美術館の一つ「ハンバーガー・バーンホフ現代美術館」(地図

鉄道駅舎を現代アートの美術館に改修した作品です。

設計はヨーゼフ・パウル・クライフス氏、竣工は1996年です。

ベルリン・ユダヤ博物館

「ベルリン・ユダヤ博物館」(地図)は、ドイツにおけるユダヤ人の歴史を伝える博物館です。

ジグザグの平面プランや切り裂かれた傷跡のような開口部など他にないデザインが印象的です。

ダニエル・リベスキンド氏初の実現した建築プロジェクト、1998年竣工です。

和解の礼拝堂

「和解の礼拝堂」(地図)は、ベルリンの壁を建設後、監視の邪魔になるという理由で撤去された教会の跡地に建てられた礼拝堂です。

木製ルーバーの内側に教会の破片を混入した版築の壁があります。

ソニー・センター

「ソニー・センター」(地図)は、ポツダム広場にある複合施設です。

ソニー・ヨーロッパの本社、オフィス、マンション、商業施設などで構成されています。

設計はヘルムート・ヤーン氏、竣工は2000年。

写真はフォーラムと呼ばれる4000m2の楕円形の大空間を覆うテント屋根。

Amazon 関連商品Link




関連記事

コメント

非公開コメント