北京の「オリンピック公園」

北京中心部から北に約10㎞の場所に整備された広大な「オリンピック公園」(地図

オリンピック公園

「北京国家水泳センター」、「北京国家体育館」、「北京国家会議センター」がご覧のように一列に並んでいます。

オリンピック公園

東側に北京オリンピックでのメインスタジアム「北京国家体育場(鳥の巣)」があります。

さらに、背後にも、オリンピックで利用された幾つもの競技施設・関連施設が建てられています。

オリンピック公園

スピード感、躍動感に溢れた五輪をイメージしたアート・ワーク。

Ling Long Pagoda

オリンピック公園内ではシンボルタワー「Ling Long Pagoda」(地図

オリンピック開催時は国際放送センターとして機能して、BBCなどがこちらに放送拠点を構えていました。

この写真の反対側には五輪マークが掲げられています。

北京国家会議センター

オリンピック公園駅の西側にある「北京国家会議センター」(地図

北京オリンピックではフェンシングと射撃競技が行われ、オリンピック後は会議・展示施設として使用されます。

設計はRMJM(Robert Matthew Johnson Marshall)、竣工は2007年です。

デジタル北京ビル

北京国家体育館の西側に位置する「デジタル北京ビル」(地図

こちらは競技施設ではなく、オリンピック期間中は通信・情報関連のサポート用の施設でした。

設計はStudio Pei-Zhu。竣工は2007年です。

関連記事

コメント

No title

新国立競技場の立替は、周辺の施設の整備もまとめて進めてほしかったですね

Re: No title

> 新国立競技場の立替は、周辺の施設の整備もまとめて進めてほしかったですね

これは東京オリンピック関係者の誰もが歯痒く感じているところでしょう。

他都市のいわゆるオリンピックパークと比較すると、見劣りは否めませんね。
非公開コメント