安藤忠雄氏設計の美術館「兵庫県立美術館」

阪神大震災後の復興計画の一つとして開発された「HAT神戸」に建設された「兵庫県立美術館」(地図

美術館の西側に広がるなぎさ公園と共に安藤忠雄氏の設計で、2002年に開館。

兵庫県立美術館

これまでの安藤氏の作風とは大きく違っているなと感じましたが、構造設計が木村俊彦氏と知って納得。

おそらく安藤氏と木村氏がコラボした最初の作品です。

兵庫県立美術館

阪神電車「岩屋」駅から徒歩で美術館の北側からアプローチしました。

大きく張り出した庇が特徴の南(海)側と比較すると、大変ボリューム感のあるマッシブな印象です。

兵庫県立美術館

地下の駐車場と1階のエントランスホール、2階の屋外スペースを結ぶ「円形テラス」と呼ばれるスペースです。

展示棟とギャラリー棟、海と山を結ぶ、美術館のシンボル的なスペースです。

兵庫県立美術館

円形テラスを2階まで上がってくると展示棟とギャラリー棟の間にある屋外スペースに出ます。

前方が北(山)側、背後には海側に続く大階段があります。

兵庫県立美術館

常設展示室のエレベータ-・ホールです。

高さ16mの吹き抜けに面して階段が設けられ、上下を結んでいます。
関連記事

コメント

非公開コメント