ニューウェ・マース川のほとりに建つ建築作品

ニューウェ・マース川は、ライン川が分岐して、ロッテルダムを流れる川の一つです。

エラスムス・ブリッジ

ニューウェ・マース川の南北を結ぶ「エラスムス・ブリッジ」(地図

設計はファン・ベルケル&ボス、竣工は1996年。

21世紀のロッテルダムの新しい街づくりの起爆剤的なプロジェクト。

構造的な合理性や機能性、経済性よりも造形美を優先してデザインされました。

KPNタワー

エラスムスブリッジの南端に建つ「KPNタワー」(地図

設計はレンゾ・ピアノ氏、竣工は2000年で、オランダの電話会社のオフィスビルです。

斜めに6度傾いているガラス張りの壁面を一本の柱で支えているようなデザインが特徴です。

デ・ロッテルダム

KPNタワーの西隣に建つ複合施設「デ・ロッテルダム」(地図

設計はレム・コールハース氏、竣工は2013年。

総床面積約16万平方メートルのオランダ最大の建築物です。

高層建築の中間部分でズレを生じることで、単調になりがちなデザインに変化を与えています。

ペントハウス・ラス・パルマス

古いビルの屋上に増設された事務所スペース「ペントハウス・ラス・パルマス」(地図

設計はベンサム・クローウェル・アーキテクツ、竣工は2008年。

現在は、既存部分も改修され、オランダ写真美術館、メディア学校、イベントホール、レストランなどに活用されています。
関連記事


ヤフオク出品中
アメリカ建築案内1(TOTO出版)
アメリカ建築案内2(TOTO出版)
GA ドキュメント・エクストラ 01~05 5冊セット 安藤忠雄、ザハ・ハディド、磯崎新 他

コメント

非公開コメント