マドリッド バイレン通り界隈の建築作品-1

スペイン王宮

バイレン通りの小高い丘の上に建つ白い宮殿、スペイン王の「王宮」(地図

設計はフィリッポ・ユヴァーラ氏他、竣工は1755年です。

パリのルーブル美術館をモチーフに、中庭を中心に柱廊、ギャラリーがあります。

スペイン王宮

南側にはアルマス広場、広場の東西に武具博物館、見学者入口等が配置されています。

スペイン王宮

内部は、一部ヴェルサイユ宮殿などを真似て、贅を尽くした装飾が施されています。


王立劇場

王宮の東側、バイレン通りを挟んでオリエンテ広場に面して建つ「スペイン王立劇場」(地図

設計はアントニオ・ロペス・アグアド氏、竣工は1850年です。

完成後の長い歴史の間、火薬庫、議事堂、兵舎などとして利用されたり...

火災や倒壊などに見舞われたこともあって、改修が重ねられました。

王立劇場

結果、個性的な外観を有する建物になっています。

1997年にオペラ劇場への改修が行われ...

「首都にふさわしいオペラハウス」という建設当時に期待された本来の姿を取り戻しました。


デボッド神殿

デボッド神殿(地図)は、エジプトで発掘された紀元前4世紀の神殿です。

アスワンハイダムの建設が、多数の遺跡に水没等の影響を与えるため...

1960年、ユネスコが世界に支援を呼びかけました。

デボッド神殿

スペイン政府は、アブシンベル神殿を救うために援助を行いました。

そのお礼にエジプト政府から寄贈された神殿が、デボッド神殿です。

神殿が移築されたオエステ公園は、王宮の北に位置する広大な公園です。


Amazon 関連商品Link




関連記事

コメント

非公開コメント