「京都駅」界隈の建築作品-1

JR京都駅ビル

京都の玄関口「JR京都駅ビル」(地図

設計は原広司氏、竣工は1997年。

コンペが始まった時から古都の景観論争を巻き起こしましたが...

今年(2017年)で20周年。もう日常の風景です。

JR京都駅ビル

JR京都駅ビルの「空中径路」と呼ばれる展望通路です。

地上10階の高さで、東側のホテルと西側の伊勢丹を結んでいます。

経路(通路)とは言っても、所々に展望スペースが設けられていて、京都駅から北側の風景を楽しむことができます。

京都タワー



言わずと知れた「JR京都駅」前に建つ京都のランドマーク「京都タワー」(地図

設計は山田守氏、竣工は1964年。

町屋の瓦屋根を海に見立てた「灯台」のイメージだそうですが、個人的には「ローソク」と思われている方が多い印象です。

現在でも京都市内で最も高い建造物で、高さは131m(下部の商業ビルの高さが31m、タワーの高さが100m)です。

京都ルネサンス

JR京都駅の東側、塩小路通に面する三角形の敷地に建つ「京都ルネサンス」(地図

設計は竹山実氏、竣工は1986年。

京都駅界隈のポストモダン建築の代表作です。

ローム京都駅前ビル

JR京都駅の北側駅前に建つ「ローム京都駅前ビル」(地図

築33年のオフィスビルを全面的にリニューアルしたプロジェクトです。

設計は竹中工務店、竣工は2010年。

半導体工場で培った技術・ノウハウを事務所ビルに反映し、大幅な省エネを実現したそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント