仁和寺 御殿 宸殿・北庭・黒書院・霊明殿

仁和寺 宸殿

仁和寺 御殿の「宸殿」は、御殿の中心建物で式や式典に使用されます。

現在の宸殿は、亀岡末吉氏の設計で竣工は1914年。

南側は寝殿造風ですが、内部、そして北側から見ると書院造というデザインです。

仁和寺 宸殿

宸殿の内部は三室からなり、写真は上段の間です。

亀岡末吉氏による意匠、床・床框に螺鈿(らでん)細工が施された本格的書院が見どころです。

襖や壁などの絵は全て原在泉氏の作品です。

仁和寺 北庭

宸殿の北側にある「北庭」と呼ばれる池泉式の庭園です。

斜面を利用した滝組に池を配置し、築山に飛濤亭、その奥に中門や五重塔を望む事ができます。

仁和寺 黒書院

仁和寺 御殿の「黒書院」は、旧安井門跡の寝殿を移築し改造したもので、設計は安田時秀氏、竣工は1909年です。

内部は6室からなり、柱や天井の格子、障子の縁などを黒漆で塗ったことから「黒書院」と呼ばれています。

仁和寺 霊明殿

仁和寺の院家であった喜多(北)院の本尊 薬師如来坐像を安置する為に建立された仁和寺 御殿の「霊明殿」 。

こちらの設計も亀岡末吉氏で、竣工は1911年です。

亀岡氏の手による繊細で現代的なデザインが見どころです。

Amazon 関連商品Link




関連記事

コメント

非公開コメント