大阪 淀屋橋界隈の建築作品-2

石原ビルディング

淀屋橋交差点南西角に建つ「石原ビルディング」(地図)。

設計は眞水・三橋建築事務所、竣工は1939年。

1階と2階は黒い石張り、3階から上は白いタイル張り、細い縦長の窓が連続する姿は竣工時の流行だそうです。

最上階は淀屋橋を一望できるよう大きな開口部が設けられていて、外観のアクセントになっています。

三井住友銀行大阪本店(旧住友ビルディング)

淀屋橋交差点から土佐堀通を西に3ブロック進んだ所に建つ「三井住友銀行大阪本店(旧住友ビルディング)」(地図)。

設計は日建設計の前身、住友合資会社(日高胖氏・長谷部鋭吉氏・竹腰健造氏)、竣工は第1期北側1926年、第2期南側1930年。

界隈は「住友村」と呼ばれるエリアで、住友財閥の総本店として建設された建物です。

エントランスのオーダーはイオニア式で、内部はコリント式オーダーが並びます。

大阪倶楽部

三井住友銀行大阪本店の東側道路を南に1ブロック進んだところに建つ「大阪倶楽部」(地図)。

設計は安井武雄氏、竣工は1924年。

大阪ガスビルや髙麗橋野村ビルディングと共に、安井氏の代表作の一つです。

安井氏は、この大阪倶楽部の竣工後に「安井武雄建築事務所を開設しています。

アンティカ オステリア ダル ポンピエーレ

大阪倶楽部から西に10m程進んだ所に建つ「アンティカ オステリア ダル ポンピエーレ」(地図)。

設計者は不明、竣工は1925年です。

現在はイタリア料理のレストランとして利用されていますが、もともと消防署だった建物です。

ロマネスクの雰囲気の漂う建物ですから、イタリアンのレストランにぴったりですが...

当時の消防署はこんなにお洒落だったのかと思うと、何故か複雑な気持ちに。

日本生命保険相互会社大阪本店

御堂筋に面して建つ「日本生命保険相互会社大阪本店」(地図)。

設計は長谷部竹腰建築事務所、竣工は北側1939年、南側を含めた全体の完成は1962年。

大阪の大規模事務所建築の代表作の一つです。

北側が完成した当時、南側にはいわゆる辰野式の旧本館が建っていました。
関連記事

コメント

非公開コメント