清水寺 本堂・奥の院・子安塔

清水寺の「本堂」です。

清水寺 本堂

清水寺の創立は798年ですが、現在の「本堂」は1633年に再建されたものです。

清水寺 本堂

長い束柱で舞台を支えている構造を懸造といい、清水寺の本堂は欅の柱が139本あります。

清水の舞台は、面積は約190㎡、410枚以上の檜板を敷き詰めた「桧舞台」です。

清水寺 本堂

清水寺の本堂南面の開口部には蔀戸が用いられています。

さらに屋根が檜皮葺きという点も寺院建築では珍しい選択です。

これらが相まって、清水寺の本堂は寺院建築というよりも、寝殿造の平安貴族の住宅に近い様相です。

清水寺 本堂

本堂で見られる蟇股です。

鐘楼や西門で見られた蟇股と比較して、かなりシンプルなデザインのものです。

清水寺 本堂

本堂の屋根は、檜皮葺きの寄棟・むくり屋根です。

さらに翼廊の切妻の屋根と一体になる大変珍しいデザインです。

清水寺 奥の院

本堂の東側に建つ「奥の院」。

本堂と同時期1633年に再建されたもので、檜皮葺の寄棟の屋根・懸造などは本堂と同じです。

奥の院の舞台から見る本堂の姿が、最も清水寺らしい風景と言っても過言ではないでしょう。

清水寺 子安塔

本堂の舞台からまっすぐ南を向くと見える三重塔「子安塔」。

高さ約15mで、先の三重塔の約半分の高さ。

和様を簡素化して可愛くまとめられています。


Amazon 関連商品Link
 


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク
国内外の建築、庭園、街並などを紹介します。

6月16日2017年よりブログを再開しました。あちらこちらに散らばったコンテンツをまとめ中!

Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: