西宮市貝類館 / 安藤忠雄 / 兵庫

「西宮市貝類館」(地図)は、兵庫県西宮市にある貝類専門の博物館です。

設計は安藤忠雄氏、竣工は1999年。

黒田徳米博士の学術資料を中心に、約10万点の標本を所蔵しています。

西宮市貝類館 安藤忠雄

外観はヨットの帆をイメ-ジしています。

西宮市貝類館 安藤忠雄

南北の道路を結び、貝類館のエントランスへのアプローチになる通路。

西宮市貝類館 安藤忠雄

エントランス。

西宮市貝類館 安藤忠雄

館内は海中をイメージする青で統一されています。

西宮市貝類館 安藤忠雄

西宮市貝類館 安藤忠雄

階段手摺。

Gallery 小さい芽 / 安藤忠雄 / 兵庫

「Gallery 小さい芽」(地図)は、兵庫県西宮市の住宅街にあるレンタルスペース(貸しギャラリー)です。

設計は安藤忠雄氏、竣工は1996年。

Gallery 小さい芽 安藤忠雄

外観です。

建物は3階建てで、1階はゲストルーム、2・3階がギャラリーという構成です。

Gallery 小さい芽 安藤忠雄

1階中庭です。

Gallery 小さい芽 安藤忠雄

2階ギャラリーです。

1階と2階は動線もエントランスも別になっています。

Gallery 小さい芽 安藤忠雄

2階から3階への階段です。

Gallery 小さい芽 安藤忠雄

階段踊り場から2階ギャラリーを。

Gallery 小さい芽 安藤忠雄

3階ギャラリーです。

通路スペースという感じで、半分以上のスペースは吹抜けです。

Ando Gallery / 安藤忠雄 / 神戸

「Ando Gallery」は、兵庫県立美術館(地図)に新設された、安藤忠雄氏の作品・活動紹介のギャラリーです。

設計は安藤忠雄氏、竣工は2019年。

正式な名称は「兵庫県立美術館第2展示棟」です。

Ando Gallery 安藤忠雄

新しく増築された第2展示棟「Ando Gallery」部分は、既存の展示棟とギャラリー棟の間、円形テラスの北側に設けられました。

既存部分のデザイン・イメージをそのままに少し小さくした感じです。

Ando Gallery 安藤忠雄

北側からのアプローチです。

既存部分を活かしつつ、大袈裟になりすぎないように上手くまとまっていると思います。

Ando Gallery 安藤忠雄

4階のテラスから第2展示棟「Ando Gallery」の北側を。

こちらから、屋外展示スペースにアプローチできます。

Ando Gallery 安藤忠雄

4階のテラスから第2展示棟「Ando Gallery」の北側を。

Ando Gallery 安藤忠雄

2階から3階への階段を上った正面にある天井近くまである背の高い本棚。

Ando Gallery 安藤忠雄

3階から南側外部、円形テラス・屋外展示スペースを。

Ando Gallery 安藤忠雄

3階から2階、南側のエントランスを。

Ando Gallery 安藤忠雄

ギャラリーに展示されている兵庫県立美術館の全体模型です。

グレーの屋根の部分が新しく「Ando Gallery」として増築された部分です。

青いリンゴ 安藤忠雄

ギャラリーの開設に合わせて設置された安藤忠雄氏デザインのオブジェ「青いリンゴ」です。

兵庫県立美術館の屋外展示スペースで展示されています。

HAT神戸 脇の浜 / 安藤忠雄 / 神戸

阪神大震災後の復興計画の一つとして開発された復興住宅団地の一つ「HAT神戸 脇の浜」(地図

HAT神戸 脇の浜

「なぎさ公園」の西側に位置し、安藤忠雄氏がトータル・デザイン・コントロールを行い、設計も一部を担当しています。

HAT神戸 脇の浜

淡いブルーとグレーの二色で統一された複数の中~高層の住宅棟で構成されます。

HAT神戸 脇の浜

海や山の景色を楽しめる共用スペース「スカイ・ガーデン」がデザイン面でもアクセントになっています。

なぎさ公園 / 安藤忠雄 / 神戸

なぎさ公園

兵庫県立美術館と共に、西側に安藤忠雄氏の計画で整備された「なぎさ公園」(地図

なぎさ公園

コンクリート打放しの列柱や壁、円形の屋外劇場、公衆トイレなどに安藤建築のエッセンスを感じます。

なぎさ公園

海沿いには遊歩道が整備されていて公園の雰囲気もなかなかのものです。

なぎさ公園

公園の西端に近いところに設けられている「マリン・ステージ」。

約1500人を収容できるコンクリート打放しの円形の屋外劇場です。

イベント等が開催されていないときは、一般の方でも自由に出入りできます。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク


建築ブックマーク ブログでは、国内外の建築、庭園、街並みなどを撮影・紹介しています。

現在、あちらこちらに散在していた建築案内関係コンテンツをブログにまとめています。


Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: