五條文化博物館 / 安藤忠雄 / 奈良

「五條文化博物館」(地図)は、奈良県五條市にある博物館です。

設計は安藤忠雄氏、竣工は1995年。

五條市の内外に伝わる文化遺産の収蔵と公開、五條文化の発信基地をつくる目的で建設されました。

五條文化博物館 安藤忠雄

駐車場からエントランスを。

五條文化博物館 安藤忠雄

エントランスへのアプローチは結構高さのある階段を上って行きます。

が、エレベーターも用意されていますので、ご安心を!

五條文化博物館 安藤忠雄

エントランスです。

五條文化博物館 安藤忠雄

写真では判りにくいのですが、建物の平面プランはバームクーヘンの一部を切り取った形をしています。

五條市側は「ごじょうばうむ」という愛称を広めたいようです。

五條文化博物館 安藤忠雄

展示室です。

五條文化博物館 安藤忠雄

展示室、円弧の端部です。

五條文化博物館 安藤忠雄

階段です。

五條文化博物館 安藤忠雄

1997年に西側に増築された別館です。

こちらも設計は安藤忠雄氏です。

市民の文化・研修活動などに利用されています。

五條文化博物館 安藤忠雄

別館の内装は、現代和風という感じでしょうか。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル / エフ・オー・アーキテクツ / 横浜

「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」(地図)は、神奈川県横浜市、横浜港大さん橋にある国際客船ターミナルです。

設計はエフ・オー・アーキテクツ(アレハンドロ・ザエラ・ポロ氏、ファッシド・ムサヴィ氏)、竣工は2002年。

横浜港の国内外航路の客船のメインターミナルで、横浜のランドマークであり、観光スポットです。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル エフ・オー・アーキテクツ

三万トン以下の客船なら4隻、三万トンを超える客船なら2隻の同時着岸が可能です。

ただ、横浜ベイブリッジの高さの問題で、超大型クルーズ船の利用は不可能です。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル エフ・オー・アーキテクツ

メインエントランスへのアプローチ。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル エフ・オー・アーキテクツ

メインエントランス前のバス停の屋根です。

右側がメインエントランスです。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル エフ・オー・アーキテクツ

メインエントランスを入ってすぐの所にある出入国ロビーです。

内部には柱がありませんので、すっきりしています。

客船の入航・出航の予定が無い時間に訪れると、さすがに閑散としています。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル エフ・オー・アーキテクツ

屋内外に階段は無く、スロープとエレベーターで上下を移動します。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル エフ・オー・アーキテクツ

大さん橋ホールから屋外のイベントスペースに出入りするエントランスです。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル エフ・オー・アーキテクツ

屋上は「くじらのせなか」の愛称で呼ばれ、ウッドデッキと芝生で仕上げられています。

客船の利用者以外も24時間利用可能です。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル エフ・オー・アーキテクツ

横浜みなとみらい21、赤レンガ倉庫、横浜ベイブリッジ等々、横浜の風景を一望できる観光スポットでもあります。

金沢21世紀美術館 / SANAA(妹島和世・西沢立衛) / 金沢

「金沢21世紀美術館」(地図)は、石川県金沢市にある美術館です。

設計はSANAA(妹島和世氏・西沢立衛氏)、竣工は2004年。

金沢城公園の南、兼六園の西に位置し、界隈には他の文化・芸術関連施設も点在しています。

金沢21世紀美術館 SANAA(妹島和世・西沢立衛)

北側の「広坂口」エントランスへのアプローチ。

東西南北にエントランスがあり、東の「本田通り口」が総合案内・チケット販売に直結しています。

金沢21世紀美術館 SANAA(妹島和世・西沢立衛)

全面ガラス張りの建物の外観。

建物は直径112.5mの大きな正円を描き、内部にいくつもの立方体・円筒の展示室が配置されています。

金沢21世紀美術館 SANAA(妹島和世・西沢立衛)

建物内部。

竣工後、比較的早い時期に初めて訪れた際、建築デザインの潮流の変化の兆しのようなものを感じました。

金沢21世紀美術館 SANAA(妹島和世・西沢立衛)

「本田通り口」エントランス正面にある光庭です。

レアンドロ・エルリッヒ 氏作「スイミング・プール」が恒久展示されています。

どういう作品かは、既に多くの人がご存知でしょうし、知らない人は実際に訪れて体感して下さい。

金沢21世紀美術館 SANAA(妹島和世・西沢立衛)

屋根上のブロンズ像は、ヤン・ファーブル氏の作品「雲を測る男」です。

映画『終身犯』のセリフがモチーフになっています。

金沢21世紀美術館 SANAA(妹島和世・西沢立衛)

地階のエレベーターホールです。

エレベーターも軽やかなデザインでまとめられています。

金沢21世紀美術館 SANAA(妹島和世・西沢立衛)

夜景です。

金沢21世紀美術館 SANAA(妹島和世・西沢立衛)

改めて申し上げる必要もなく、SANAAの代表作として超有名な作品です。

個人的にはここを初めて訪れた際、それまで抱いていた建築に対する思いを全否定されたような、すごくモヤモヤした気持ちになりました。

今振り返れば、建築関係者にとっては夢の時代だったバブル時代の終焉を、この作品を通してつきつけられたのかなと...そんな気がします。

オアシス21 / 大林組 / 名古屋

「オアシス21」(地図)は、愛知県名古屋市の栄にある複合施設です。

設計は大林組、竣工は2002年。

バスターミナルとイベントスペース、商業施設等で構成されています。

オアシス21 大林組

「水の宇宙船」と呼ばれるガラス張りの大屋根の存在感が圧倒的です。

名古屋の栄地区だけでなく、愛知県を代表するランドマークです。

オアシス21 大林組

大屋根に近づいて天井を。

基本、ガラス屋根+アルファーの荷重を支えるだけですから、構造体はシンプルにまとまっています。

オアシス21 大林組

大屋根の構造体を角度を変えて。

オアシス21 大林組

大屋根の覆われた「銀河の広場」と呼ばれるイベント広場です。

オアシス21 大林組

ガラス張りの大屋根には薄く水が張られています。

オアシス21 大林組

大屋根の外縁部は人が歩き回れるようになっています。

名古屋市美術館 / 黒川紀章 / 名古屋

「名古屋市美術館」(地図)は、愛知県名古屋市の白川公園にある美術館です。

設計は黒川紀章氏、竣工は1988年。

愛知県出身の黒川氏の昭和の時代の代表作です。

名古屋市美術館 黒川紀章

北側のメインエントランスへ向かうアプローチです。

竣工当時、柱と梁で構成された内でもない外でもないような中間領域を表現するデザインが流行っていました。

名古屋市美術館 黒川紀章

おそらく神社の鳥居をモチーフにしたと思うのですが、メタリックな鳥居も悪くないですね。

名古屋市美術館 黒川紀章

メインエントランス横の地階に続くサンクンガーデン。

名古屋市美術館 黒川紀章

地階のロビーからサンクンガーデンを。

美術館の主要部分は、地階に常設展示室と収蔵庫、1・2階に企画展示室という構成です。

ロビーは地階から2階までの吹き抜け空間です。

名古屋市美術館 黒川紀章

○△□は、茶室や日本庭園などでも意識して使われているのを見かけます。

建物の内外に、日本的なもの、名古屋的なものを積極的に取り入れているようです。

名古屋市美術館 黒川紀章

建物の南側です。

メインエントランスのある北側とは別の施設のようなデザインです。

プロフィール

建築ブックマーク

Author:建築ブックマーク


建築ブックマーク ブログでは、国内外の建築、庭園、街並みなどを撮影・紹介しています。

現在、あちらこちらに散在していた建築案内関係コンテンツをブログにまとめています。


Homepage
Twitter
Instagram
YouTube
Mail

Amazon Link

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: